松島湾ハゼ釣り

  • 2019.11.06 Wednesday
  • 15:50

 

文化の日連休、松島湾にてハゼ釣り!

 

 

早朝4時起きでしたが

夜は釣果でハゼ料理を堪能

刺身に天婦羅、南蛮漬け(^^)

 

 

釣りは久々です

 

 

朝陽の中、一同真剣勝負!

 

 

愉しいひと時

M社M社長、お誘いありがとう

 

 

大漁でした!

「大物賞」QUOカードもゲット(^_-)-☆

 

 

ハゼはウロコを落とし水洗い

頭を切り落とし

内臓を取り更に水洗いします

 

水分を押さえ、三枚おろしに

腹骨を取り、皮を取ってお刺身に

松葉おろしにして天ぷらに

 

小さなハゼは丸のまま揚げて南蛮漬け

大きなハゼはエラと内臓を取り

焼き干しにします

「仙台雑煮」の出汁とトッピングに

 

 

刺身、新鮮そのもの

 

 

天婦羅、さっくり揚げたて

 

 

南蛮漬けは数日間楽しめます

美味しくてごめんなさい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帆立貝の炊き込みご飯 主素材2種で

  • 2019.10.20 Sunday
  • 18:00

 

体育の日連休に

日本列島を襲った台風19号

日が経つごとにその被害が拡大しています

皆様のお住まいはご無事でしょうか

 

10月の第3講は再び日本料理

少し献立を見直しました

気象や災害によって

農産物、水産物の流通が不安定な時

少ない材料で美味しく作れるご飯

また、あまり熱源を使わない料理法

そんなところを意識しました

 

「帆立貝の炊き込みご飯」

 

帆立貝柱の缶詰(小1缶)と

シメジ1パックの主素材2種です

 

シメジは石づきを取り小房に分けます

だし汁、しょうゆ、本みりん

酒、帆立缶汁でシメジにサッと火を通します

研いで浸水した2合の米を炊飯器に入れ

シメジの煮汁と不足分の水をメモリまで

更に貝柱をほぐして入れてスイッチオン

 

炊きあがったらシメジと

2cm長さに切った三つ葉を合わせます

サックリほぐして器に盛り

青小ネギの小口切りを振りかけます

帆立の旨みたっぷりの

味わい深いご飯です

 

「菊の花の甘酢和え」です

 

食用菊の花びらを摘み

酢を加えた熱湯で茹で

冷水に取り水分を絞ります

 

甘酢で味を調えます

酢はだし汁同割りで和らげました

生山葵を天盛にして

香りと辛みを添えました

 

こちらは紫色の食用菊

山形の「もってのほか」と黄菊の二色に

 

「もってのほか」オンリーでもキレイ

 

「鶏ときのこの包み焼き」です

 

鶏モモ肉を一口大のそぎ切りにし

塩又は塩麹、胡椒で下味をつけます

アルミホイルを広げて

レモンの薄切りを中心に置き

斜め切りの長ネギ、鶏肉、

適宜にほぐしたエリンギ、舞茸、

パプリカピーマンをのせて包みます

 

220℃のオーブンで15〜17分

火が通ったらお皿に取ります

味噌たれ又はレモンしょうゆで頂きます

 

味噌タレは味噌、砂糖、酒、本みりんを

鍋に入れて混ぜながらひと煮立ち

とろりと、お好みの甘辛に仕上げます

鶏肉が軟らかく

風味豊かなご馳走です

 

大きな自然災害が続いています

ご家庭でも

非常食のストックなどを見直し

万一に備えましょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダリア

  • 2019.10.14 Monday
  • 11:10

 

どちらかの開店祝いに

贈られるはずだったお花

 

 

台風の影響で

我が家に巡ってきました

 

 

こっくり深いダリアの赤

Wさんありがとうございます

 

被害に遭われた皆様には

心よりお見舞い申し上げます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南瓜の一皿 チキンとパンプキンのリゾット

  • 2019.10.13 Sunday
  • 22:50

 

10月の第2講は西洋料理

街にオレンジ色が溢れるこの月🎃

南瓜を使った一皿です

 

「チキンとパンプキンのリゾット」

 

チキンと南瓜は小さめに切り

3.5カップのブイヨンで火を通します

一旦具を取り出し

ブイヨンは味をみて塩・胡椒をし

保温しておきます

 

別鍋にオリーブ油大さじ3と

みじん切りにした

玉ネギ30g、ニンニク1片を入れて

香りを出します

米1カップをそのまま(洗わずに)加え

透き通る程度、1分ほど炒め

白ワインを加えてアルコールを飛ばします

 

ここにブイヨンを適量ずつ加え

丁寧にお米と炒め合わせていきます

最後のブイヨンと共に

チキンと南瓜を入れ

合計17分で仕上げます

 

塩・胡椒で味をととのえ

粉チーズ小さじ2程度を混ぜて盛ります

さらに粉チーズと

パセリを振りかけて供します

アルデンテの歯応えがいい

 

「ブロッコリーのサラダ」です

 

ブロッコリーは小房に分け

塩を加えた熱湯で硬めに茹で

ザルに取り冷まします

 

茹で卵とプチトマトを盛り合わせ

ドレッシングをかけます

ドレッシングはマヨネーズベースで

プレーンヨーグルト、マスタード、ケチャップを

適宜に合わせてお好みの味に

 

「りんごのバター風味」です

 

りんごが美味しい季節🍎

紅玉の皮と芯を除いて適宜に切り

レモン汁をからみ、バターで炒めます

コアントロー、蜂蜜を加えて混ぜ

蓋をして弱火4分程度、蒸し焼きにします

蓋を取り、軽く煮詰めて仕上げます

 

何か懐かしさを感じる

甘酸っぱいデザート

手軽に作れるのも魅力

ホイップクリームとミントを添えて

秋の夜長のデザートに最適

 

お家で過ごす大人のハロウィンに

リゾットをメインのディナーをどうぞ(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サーモンのステーキ丼!

  • 2019.10.07 Monday
  • 09:20

 

10月のスタートは日本料理

秋は山海の幸が豊か

献立組みがより楽しくなりますね

 

「サーモンのステーキ丼」です

 

鮭は皮と腹骨、身の骨を取り除き

お好みの大きさで1cm厚の切り身にします

塩・胡椒を軽く振り

小麦粉か片栗粉を振りかけます

小麦粉は香ばしく焼け

片栗粉は口当たりがつるん

お好みの粉でどうぞ

 

油を熱したフライパンで

両面香ばしく焼き上げ

タレを入れてからみ、仕上げます

タレは本みりん、しょうゆ、酒、

水又はだし汁を同量合わせ

お好みで砂糖を加えます

 

ご飯を盛り、もみ海苔を振りかけて

サーモンをのせ

白髪ネギと紫蘇の葉

イクラをトッピング

全体を合わせて頂きます

 

 

重に盛っておもてなし料理に

小さな器に盛りコースの締めに

シーンに合わせて

器、切り方、盛り付けを替えれば

料理は無限大(^^)

 

「茸のお浸し」です

 

茸はお好みで2〜3種

だし汁と薄口しょうゆ、本みりん、塩を合わせた

割り下でサッと火を通し

割り下ごとよく冷やします

頂くときに和えて、器に

へぎ柚子を香りに添えます

 

冷蔵庫で一週間はOK

茸の美味しい季節

たっぷり作っておきましょう

 

「茗荷と豆腐の吸いもの」

 

秋の入口は日中まだ汗ばむことも

そんな時

茗荷の清涼感にすうっとします

 

吸いものは

「碗だね、つま、吸い口」で構成されます

今回は豆腐、若布、茗荷です

鰹風味が効いた吸い地(だし汁)で頂きます

 

 

先日中に仕込んでいた腹子です

余計なものは入らない

ピュアな塩味

 

紅葉の赤のように

イクラの赤も秋の色です🍁(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たらふくもなか

  • 2019.10.06 Sunday
  • 19:20

 

たらふくもなか

 

 

ユーモラスな招き猫型の最中

寝そべって、ちょっと怠惰?

 

 

 

「NPO食育インストラクター」

資格取得研修会に参加された

Mihoさんの東京みやげです

シーズナブルパッケージの

日本茶ティーバッグも💛

 

美味しいおやつタイムを

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローリエ (ベイリーフ)

  • 2019.10.04 Friday
  • 09:45

 

 

月桂樹の枝を頂き

たくさん葉っぱを摘みました

 

 

窓辺に広げて乾燥させます

 

煮込み料理にスープに

一年分は優にあるかな?

感謝感謝です

S田さんいつもありがとうございます(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM