大人のデザート ムースサバイヨン

  • 2019.04.20 Saturday
  • 17:10

 

4月の第2講は洋風料理

ゴールデンウィークの

ゆったりしたひとときに、また

「母の日」にもおすすめのメニューです

 

 

前菜は「トマトと青紫蘇のサラダ」

 

トマトはあえてミディとプチ

甘味と酸味の違う2種を青紫蘇と合わせ

おろしにんにく風味を添えた

フレンチドレッシングで和えます

鮮やかで簡単なアイコンサラダ

青紫蘇とトマトがベストマッチ

 

 

パスタ料理です

「キャベツとポークのスパゲティ」

 

前回レッスンでも紹介した

春キャベツの特徴を生かし

今回はポークと合わせます

 

豚バラ肉はコンスターチをまぶし

口当たりを良くします

1%の塩でスパゲティを茹で

茹で上がる前に豚肉とキャベツを加えます

茹で上がりをザルに取り

別鍋のソースと手早く絡めます

 

ソースはペペロンチーノベース

オリーブオイルにニンニクの薄切り、

赤唐辛子、アンチョビを入れて炒め

だし汁、薄口しょうゆ、本みりん、

塩・胡椒を加えて煮立ててたもの

器に盛り込み、粉チーズを添えて

 

イタリアンに少しだけ

和風テイストが加わり

ほっと幸せを感じるパスタ!

ニンニクのほのかな芳ばしさと

アンチョビの塩味が良い仕事です

 

 

大人なデザート「ムースサバイヨン」

 

サバイヨンは

卵、砂糖、白ワインで作ります

材料を湯せんにかけて泡立て、

溶かしたゼラチンと混ぜ、粗熱を取ります

さらに生クリームをリボン状に泡立て

サバイヨンと混ぜてトロミがついたら

お好みの器に流し、

冷蔵庫で冷やし固めます

 

ソースは白ワインとアプリコットジャム、

砂糖を少量加えひと煮立ちで冷まします

 

トッピングのフルーツはお好みで

今回はイチゴとキウイを

適宜に切り盛り合わせました

アプリコットソース

ミントを飾って頂きます

 

至福のデザート💖

コーヒーor紅茶を添えて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春野菜たっぷりで新年度スタート!

  • 2019.04.14 Sunday
  • 18:00

 

スクールの新年度がスタートしました

第1講はやっぱり日本料理!

旬の春野菜をたっぷり使ったメニューです

 

 

「春キャベツの和風仕立て」

 

青々と大きく巻いた春キャベツ

外側の葉は一見食べにくそうで

捨ててしまう人が多い

 

ちょっと待って!

サッとボイルすると鮮やかな緑色

甘みも歯応えも美味しく頂けます

その緑を鶏肉の白と合わせ

さらに青紫蘇のドレッシングで

 

春キャベツと青紫蘇

緑のパワーを感じる一品です

 

 

「ふきと薄揚げの煮もの」

 

今が旬の蕗は

茹でてから筋を取ると簡単です

 

油揚げと共に薄味で炊き合わせ

仕上がりに新若布を合わせます

ポイントに紅生姜を添えて

 

蕗の香りは若い季節の清々しさ

 

 

「ピーマンの肉詰め焼き」

 

ピーマンは赤と緑でカラフルに

肉種は豚挽き肉に新玉葱のみじん切り、

パン粉、卵白、小麦粉、

塩・胡椒を練り込みます

ピーマンに詰めて小麦粉を付け

5分ほど焼いて火を通します

 

サッと焼いた燻製ベーコン、

くし型レモンとパセリを添えます

肉詰めにレモンをキュッと絞ると

酸味で味が引き立ち、ヘルシーに

 

間もなく新しい時代

野菜はいつも健康人の活力です(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新年度

  • 2019.04.02 Tuesday
  • 12:10

 

4月を迎えました

 

 

スクール向かい、錦町公園の桜です

 

 

名残の雪もあり

三部咲きというところでしょうか

 

 

二番町通り沿いのハクモクレンです

こちらもふっくら

 

春休み明けスクール授業は

4月9日(火)からです

 

新年度もどうぞ宜しくお願い致します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵なお花

  • 2019.03.17 Sunday
  • 13:30

 

NHK「もりすた!」さんから

今期クール終了で

お疲れさまのお花を頂きました

 

 

素敵なブーケ

動きのある雪柳がいいですね

 

 

水切りをしますと

何か清涼感のある芳香が立ちます

独活のような?

山椒のような?

どのお花でしょう

(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の滋味・アサリで クラムチャウダー

  • 2019.03.09 Saturday
  • 15:20

 

3月は西洋料理でスタート

第1講は春の滋味・アサリを使って

 

 

「クラムチャウダー」です

 

アサリは3%の塩水で砂を吐かせ

殻をこすり合わせてきれいに洗います

さらに真水に20分くらい晒し

水分をきります

 

アサリの下ごしらえができましたら

ローリエを加えて茹で、取り出し

アサリ風味のブイヨンをとります

 

1cm角の薄切りにした

野菜類とベーコンをバターで炒め

ブイヨンで煮込んでいきます

 

野菜が軟らかくなったら

牛乳を入れ、味を調え

コーンスターチでとろみをつけます

 

アサリを戻して温め、器に盛って

生クリーム、砕いたクラッカー、

パセリで飾ります

 

まだまだ寒い日のある3月

温かなものが嬉しいですね

旬のアサリは旨みたっぷりです

 

 

もう一品は「ジンジャーポークライス」

 

豚肉の生姜焼きを

洋風に仕上げました

 

豚バラ肉は塩・胡椒し

片栗粉を軽く振ってから

食べやすい長さに切ります

玉ネギは5mm幅程度にカット

豚バラ肉を8割程度炒め

玉ネギを加えて炒め

特製の生姜醤油を適量加えて仕上げます

 

プレートに盛ったご飯に

ジンジャーポークをのせ

軟らかめに焼いた目玉焼きと

貝割れ菜を添えます

 

生姜醤油は学園オリジナル

作り置きがききますので

時短メニューに役立ちます

 

 

 

お口直しにいよかん又はオレンジ

スマイルカットで供します

 

柑橘類も美味しい季節です^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雛まつりにふくさすし 大切なものを包むように

  • 2019.03.01 Friday
  • 16:40

 

スクール本科2月最終講は

雛まつり向けメニューを実習しました

 

 

「ふくさすし」です

 

袱紗(ふくさ)は

絹やちりめん仕立ての方形の布

無地や刺繍を施したものがあり

大切なものを包む・掛ける布

また茶道においては

道具の扱いや浄めに用いる

欠かせないものです

 

この袱紗に見立てた薄焼き卵に

小さく握ったすしご飯を包むのが

ふくさすし

すしご飯は穴子や椎茸が入った豪華版

お口に運ぶと幸せな味が広がり

お内裏様になった気分(^^)

 

 

甘辛くふっくら丁寧に煮あげた

穴子、干瓢、干椎茸トリオ

粗みじんに切り、すしご飯と合わせます

白胡麻と焼き海苔も

 

 

紙のように薄い卵焼きを

「錦紙卵」と呼びます

正方形で、これを袱紗とします

 

卵は溶きほぐし

砂糖、塩、水溶き片栗粉を混ぜ

3回漉してなめらかな卵汁にします

黄色も鮮やか

たくさんたくさん焼きました

 

 

「菜の花とスナップエンドウの辛子風味」

 

菜の花は水につけ

葉をピンとさせてから茹で

ザルに取って扇ぎ冷まします

茹で過ぎないよう注意

スナップエンドウも茹で

こちらは冷水に取り、ふたつに裂きます

 

だし汁、薄口しょうゆ、

本みりんを合わせた割り下に

辛子を効かせて漬け込み

器に盛って供します

早春の緑を召し上げれ

 

 

「白魚の吸い物」です

小さく姿美しい白魚は春の季語

 

3%塩分の水に5分以上晒し

1%塩分の湯で火を通します

身が崩れやすいので扱いはやさしく

 

お椀に入れて若布、三つ葉を添え

吸い地を張ります

可愛い梅麩も加えてみました

 

雛の膳には蛤が定番ですが

やさしい味わいで

小さな中にうまみたっぷり

春を呼ぶ白魚、おすすめです

 

 

皆さん上手にふくさが包めました

そろそろ試食タイム

熱々の吸い地を

お椀に張って出来上がりです

 

 

お料理三品整いました

食卓が一気に春色です

 

 

今年の桃の節句は日曜日

 

煮物は前日に済ませ

錦紙卵も焼いて

当日はご飯を炊いてすし飯に

少し手はかかりますが

美味しさとゴージャス感に大満足

きっと思い出に残ります

「ふくさすし」

ぜひチャレンジして下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホットなショコラ・ショー

  • 2019.02.17 Sunday
  • 18:20

 

皆様、バレンタインウィークは

如何お過ごしになりましたか

 

街に様々なチョコレートが溢れるこの時期

スクールではドリンクタイプの

ホットチョコレートをご紹介しました

2月第1講のレッスンです

 

 

「ショコラ・ショー」です

 

カカオマスの多いチョコを削って

チョコ10gに牛乳100佞

混ぜながら溶かし

沸騰直前でカップに注ぎます

甘みが足りない時は

お砂糖を添えて

 

適度に摂ると栄養面で

とっても素晴らしいチョコレート

上手に付き合いましょう

 

 

一緒に学習しましたのは

「ミックスサンドイッチ」

 

食パン使用の

オーソドックスなサンドイッチです

オリーブとピクルスを添えて

シンプルで食べやすく

これが一番美味しい(^^)

 

 

サンドイッチ用食パンは

12枚切りが基本ですが

最近は10枚が主流のようです

12枚切りは

パン屋さんでもスライスが難しいそう

 

そこで10枚切りを3枚ひと組に使います

2枚に片面辛子バターを塗り

1枚は両面マヨネーズを塗ります

 

先ず辛子バターパンを置き

キュウリのスライスとロースハムを載せ

マヨネーズパンを重ねます

次はスライスチーズと葉野菜を載せ

辛子バターパンで押さえます

 

硬く絞った濡れ布巾をかぶせ

まな板などで適度な重石をし

なじませてカット、盛り合わせます

 

 

「小海老のプチオムレツ」です

 

プチオムレツの卵は

大きめ1個かMなら1個半くらいで

 

エビとマッシュルームを粗みじんに切り

バターで軽く炒め

塩・胡椒で調味し冷まします

 

フライパンは卵の量に合わせ

あれば16cmほどのものが理想です

 

手早く焼いて半熟に

ひと呼吸おいてまとめます

このまとめ方がポイント!

何度か焼いていると

自然に形も出来てきます

 

お皿に取り、パセリとケチャップを添えて

プレーンも良いですが

具が入ると美味しくグレードアップ

たまにはひと手間加えましょう

 

オムレツはあきらめず

毎日挑戦しましょう

手作りは家族にとって

何よりのご馳走です💖

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM